中年男性はコレステロールを急いで下げないとやばい!

生活習慣を改善してコレステロール値をさげよう

コレステロール値は生活習慣を改善することによって下げることができます。

 

というより、生活習慣の改善がコレステロール値をストレスなく下げる一番の方法と言ってもいいかもしれません。

 

生活習慣の改善方法は大きく分けて2つです。

 

適度な運動とバランスのとれた動物性脂肪を減らした食生活といえましょう。

 

これを聞いて常識だと思った人もいるでしょう。

 

それでも、知っていても実行できている人は少ないのではないでしょうか。

 

まず、適度な運動に関してです。

 

適度な運動は、食欲を抑える働きがあります。

 

また、適度な運動をすることによってストレスが解消されるということもあります。

 

人によってはストレスが原因で暴飲暴食をしたり、不眠状態から抜け出せずさらにストレスをためたりします。

 

ですから、ストレスはないにこしたことはないんです。

 

また、ストレスそのものがコレステロール値を上げる原因にもなります。

 

暴飲暴食となると、多くの人がジャンクフードやお酒などに走ったりするためコレステロール値を上げるために最適な食べ物の摂取方法となります。

 

コレステロール値を上げやすい食べ物としては、チョコレート、豚肉、牛肉、うなぎ、いわし、たらこ、イカの塩辛などがあげられます。

 

食事の際には上記の食品に気をつけて食事をするといいかもしれません。

 

また、コレステロール値を下げやすい食べ物は、野菜類、海藻類、緑茶、ゴマなどです。

 

野菜は特に、食物繊維を多く含んでいるものを摂取するといいでしょう。

 

なぜなら、食物繊維は脂肪を吸収し、その脂肪を体の外に排出してくれるという効果があります。

 

基本的には、普段からきちんとしたバランスのとれた食生活と適度な運動をすることで健康的な体を手にいれるのがコレステロール値を下げる方法となります。

 

生活習慣の乱れでコレステロール値が高くなってしまった主人

 

主人が会社の健康診断でメタボリックシンドロームと判定されました。

 

既にお腹が突き出た体型をしていたので、いつメタボと言われてもおかしくないとは思っていました。

 

メタボリックシンドロームとは、へそ周りの腹囲が男性で85cm、女性で90cmをオーバーした時点で疑われます。

 

さらに、中性脂肪値やHDL-コレステロール値といった血清脂質、血圧、血糖値のいずれか2項目が異常値である場合にメタボと判定されます。

 

ですが、主人の普段の生活習慣からすれば、この結果は当たり前のような気がします。

 

元々主人はスリムな体型をしていました。

 

しかし結婚後の不摂生な生活習慣が体型をすっかり変えてしまいました。

 

主人は夜型であるため晩御飯の後、深夜にお酒とお菓子をつまみ食いするクセがあります。

 

そのお菓子には、ポテトチップスやサラミ、チーズといった高カロリーのものばかりをチョイスします。

 

たまに、お酒の酔いもあることから、食べてすぐそのまま寝てしまうこともあります。

 

そうした生活をここ数年続けてきた結果がメタボとなって出てしまいました。

 

メタボは正直怖い体の状態です。

 

メタボは内臓脂肪症候群とも呼ばれており、高血圧や糖尿病、高脂血症といった三大生活習慣病を起こしやすいだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞といった怖い病気も引き起こしやすくしてしまうのです。

 

主人もメタボと判定されたことで、保健医さんから生活習慣を改善するよう指導されたそうです。

 

私としても、主人のメタボ対策に食事面など全面的に協力するつもりです。

 

最近ではこちら↓のサイトを見てどのようにしてコレステロールを下げるのか勉強しています。

 

コレステロールを下げる方法